読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去を振り返ったら前を向くしかなかった

過去を振り返ろうとしましたが現実が一番でした。

2001.03.25--やっぱり休みなのでした

しかしながら曇り空、雨模様。
折角久しぶりに何もない休みなのにー。
ちょこっとお出かけしたい気分だったのにー。
とは言え、お天気には逆らえず。
しかもまだのどが痛いです。やばいです。目が覚めてしまいます。

昨日、ちょっと暇だった私はどういう流れからかわからないけど、川のぬし釣りをすることになりました。って言うかしました。
こいつはまさに釣りげーの代名詞ですな。
うん、釣りです。まさに釣り。
だけど、何故か地味にハマるのです。
何故か。ええ。

昨日の時点で微妙に飽きてた私ですが、何故か昼前から「やろうかね」と言う気分になりまして、早速プレイ。
・・ハマる。やば。
何時間やってたことでしょう。駆け引きが楽しいです。
毛ばり釣りが超楽しいです。

しかしこれって、ゲームにありがちな「ああーパチンコもゲームなら出まくるのになぁ」ってのと同じだと思います。
マージャンも電車もきっと同じだと思います。
全国の親父さん、同意見求む。
でも「釣りに行きたいなぁ」とは思わない私だったのでした。
海釣りは焼けるのでいやーん。

4年程前に釣りに行ったら、見事に足にサンダルの跡がついてました。
って言うか、地球を釣る常習犯ですし。
世界を釣ると言うあいつにも勝てますぜ。

・・対象物が違うなぁ。
***

川のぬし釣り、プレイしたのは後にも先にもこのぐらいの時だけじゃないかな…?

高校生の時、私立文系の私がどういう流れか「理科部」という部活に入り、ある日アリと折り紙が大好きな顧問の先生と一緒に、白いタキシードな出で立ちの若者を交えた数名で日本海へ釣りに行ったことは良き思い出。
理科部は、漫画で言うところの「光画部」みたいなところでした。囲碁やってたり、スレイヤーズ観たり、時々実験して爆発騒ぎを起こしたりしてました。(全て実話)

究極超人あ~る 文庫版 コミック 全5巻完結セット (小学館文庫)

究極超人あ~る 文庫版 コミック 全5巻完結セット (小学館文庫)

タキシードの彼は今何やってるんだろうか、元気にしてるのかなー。理科部の面々と久しぶりに会いたいなー。