読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去を振り返ったら前を向くしかなかった

過去を振り返ろうとしましたが現実が一番でした。

35歳を前にして過去の日々を思い返そうとする introduction

今週末に誕生日を控えておりまして、そこで「35歳」という年齢を迎える自分です。どうも。
f:id:sakura_ink:20151103054402j:image

世間的には「35歳の壁」というものが存在しているようでして、派遣社員は35歳を過ぎると就業口が少なくなるとか、年齢に伴う加齢とか、環境の変化とか、結婚や出産なんかのライフステージの何某とかあったりしまして、まあ女性にとって35歳というのは一つの節目になるようです。

30歳に至る前に似たような肌感覚を覚えましたが、私自身、正直今回はそこまで焦ってる感がない。
この違いはなんじゃろな?と思いまして、この度過去の日々を振り返ってみることにしました。

過去に仲間内で読みあっていた「日記調なブログやホームページ」なんてのが存在するのですが、今思えばSNSが一般化する前から、人はインターネットでこういう繋がりを求めてたんだろうなと思います。
そんな過去の恥部を10年以上経った自分の目線で見てみるとどうなるか?生暖かく見守ってやってください。

このブログのベースになるサイトです。
ここを見て予習すると身体が痒くなってきます(私が)

ちなみにブログのタイトル「35歳の女が過去の日々を振り返る」は、35歳過ぎてもそのままな気がします。今のうちに宣言しておきます。

働く女性が35歳の壁を乗り越えるためのヒント

働く女性が35歳の壁を乗り越えるためのヒント